古くなると外壁に亀裂が入ったり劣化したりしてきます

ビルや家などの建物は、古くなると外壁に亀裂が入ったり劣化したりしてきます。
屋根や外壁などを塗り変えることで、建物の寿命が長くなります。


放っておくと腐食が進み、建て替えや大がかりな修理をすることになり、膨大な費用がかかります。

塗り替えには、見た目にも分かりやすい目安となる時期があります。

防音工事に関する耳より情報です。

屋根の場合は、築6年~8年で部分的にはがれたり反ったりしてきます。

外壁では、築7年~10年でカビや紫外線・排気ガスなどで傷ついてきます。鉄部は3年に1度程度でサビが出たり、塗装膜がはがれてきたら塗り替えのサインです。

防音の対策情報サイトです。

木部は5年に1度程度で色ツヤがあせてきたり、塗装面がはがれてきたら塗り替えの時期です。塗装用の塗料にも種類があり、耐久年数が長くなるものや小さな子供でも安心な塗料もあります。
アクリル樹脂は、耐久性や耐気候性に優れています。

耐用年数は4年~6年くらいです。


ポリウレタン樹脂は、耐久性や耐摩耗性に優れているだけでなく、耐油性や耐薬品性にもすぐれた高品質の塗料です。一番多く使われている塗料で耐用年数は、8年~10年です。

他にも透湿性に富む膜を形成し、建物内部の結露を防止するアクリルシリコン樹脂や、長期耐候性がある塗料として最高基準の性能を持つフッ素樹脂などがあります。
耐用年数にも優れていて13年~20年になります。

耐用年数の長いほど料金も高くなります。

建物の傷み具合により使う塗料も選ぶことができます。

防音対策窓に有効なサイトの紹介です。

大切や家や建物を守るためには、塗装工事は必要不可欠です。



Copyright (C) 古くなると外壁に亀裂が入ったり劣化したりしてきます All Rights Reserved.